体臭の代表的存在である「わきが」

1

わきがとは、わきのしたから独特のにおいがすることをいいますが、原因は、汗と雑菌が混ざったものです。普通の汗とは違い、アポクリン汗腺という部分から出る汗をいいます。この汗と雑菌が混ざると、あのなんともいえないにおいの原因となります。

アポクリン汗腺は、わきがの体質を持つ人にしかないそうですが、アポクリン汗腺を持っている人全ての人がわきがのにおいを発するわけではありません。

アポクリン汗腺の数が多く、またこの大きさも大きいほど、ここから出る汗の量も多くなるため、わきがのにおいの強さも強くなります。思春期に入るころになると、アポクリン汗腺が活発に活動を始めます。そのため、思春期あたりに自分がわきがかどうかがわかってきます。

わきがは先天的なもの

わきがは病気と思われがちですが、わきがの治し方と原因にあるように、体質と遺伝によるもので、病気ではありません。アポクリン汗腺は産まれたときすなわち先天的に量と大きさが決まっているもです。

もともとアポクリン汗腺を持っていなかった人が後からアポクリン汗腺ができたりすることはありません。、多くの人は思春期頃に、先天的に持っていたアポクリン汗腺が発達することで、底から分泌される汗が増えることによりニオイに気付くことになります。

同じ量、大きさのアポクリン汗腺を持っていても、においの強い人、弱い人、臭わない人がいます。この原因はやはり、食生活によるところも大きいと思います。肉食や乳製品などを多く摂取することにより、アポクリン汗腺の活動が活発になるのです。

対策も効果あり

ただ、アポクリン汗腺から出た汗自体がにおいを発するわけではなく、この汗と雑菌が混ざることではじめてにおいを発するので、わきがの体質を持つ人は、出た汗をこまめにふき取ることや、雑菌の繁殖を抑えることでわきがのにおいを軽くすることができます。

このようなデオドラント商品(スプレータイプや塗るタイプ、またふき取るシートなど)が多くの種類販売されていますので自分にあったものを試してみるとよいでしょう。